歯が1本無くなった場合の治療法・ブリッジ

歯が1本無くなった場合の治療法・ブリッジ

歯が1本無くなった場合の治療法は、大きく分類すると3種類の方法あります。
その中からブリッジという治療法について紹介したいと思います。

 

ブリッジとは抜けた歯の両隣の歯を土台として、
抜けた部分に人工歯を入れる方法です。
そのため土台である歯茎がしっかりとしている事が前提です。
メリットとしては、部分義歯のように、
取り外す必要がなく固定されている点です。
固定されているため、部分義歯と比べると
異物感や噛む時の違和感が少なくてしみます。

 

またそれほど治療回数がかからないため、
時間的経済的負担が少ないと言えるでしょう。
ただし欠損歯、支台歯に対して健康保険では制約があります。
また使える材質も保険が適用されるものと、
されないものがあるため、事前に確認しておきましょう。
また、こういった問い合わせは本厚木で評価が高いこちらの歯医者さんの様なインプラント治療まで対応可能な歯科に問い合わせると良いでしょう。

 

ブリッジのデメリットは両隣の支えている歯に負担がかかります。
そしてブリッジと支台歯の境目が磨き残しになりやすく、
虫歯になりやすい口内環境になってしまいます。
そのためブリッジの治療をした場合は、
しっかりブラッシングをする習慣をつけ定期検診も通うようにして下さい。

 

またブリッジが材質によっては銀色なので、
処置後に目立つケースもあります。
保険適用外なので治療費は高くなってしまいますが、
白い材質のブリッジで処置を行う事も可能です。
ブリッジは昔から行われている、歯の欠損時の治療方法なので、
安心感があると選ぶ人は少なくありません。

 

歯が無くなってしまい、
治療が必要だという時に治療法について迷うかもしれません。
しかしそのような時こそ、信頼が出来る歯科医と相談をして治療方法を選ぶようにして下さい。