歯が1本無くなった場合の治療法・インプラント

歯が1本無くなった場合の治療法・インプラント

歯が1本無くなった場合の治療法の中で、
1番最新の技術を使った治療法がインプラントです。
インプラントという言葉は聞いた事があるけれど、
どんな治療法なのか詳しくは知らないという人も少なくないでしょう。
インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を作り、
その上に新しい歯を作る治療法です。
歯根を作る事で、土台がしっかりとするため、
まるで自分の歯と遜色がないレベルに?合わせる事が出来るのです。
見た目もインプラントなら、まったく治療跡が残らないため、
自分の歯と見分けがつかないレベルに回復します。

 

部分義歯のように、取り外す必要はありませんし、
ブリッジのように両隣の歯に負担をかける事もありません。
その後の口内環境を考えた時に、1番理想的な治療法と言えるでしょう。
しかしインプラントにもデメリットがあります。
それは外科手術が必要なため、
治療が長期間になり、治療費が高くなってしまいます。
また外科手術なので、歯科医の技術に大きく差が出る治療法だという事です。
腕のいい、信用出来る歯科医にインプラント治療をしてもらえれば問題がありません。
ですが、腕の悪い歯科医に治療された事で
トラブルに巻き込まれる可能性がある事も理解しておきましょう。

 

歯とは健康と切り離せない存在です、
健康で長生きするためには、
歯の健康についてもキチンと考えなければいけません。
その場で治療費が安いから、
治療の回数が少なくてすむからという理由で治療法を決めるのではなく、
今後の長い人生の中で、
自分の歯をどう大切に扱っていくかという基準で治療法を選ぶようにして下さい。

 

インプラント治療を検討されているのであれば、行徳スマイル歯科がおすすめです。