自分に合う入れ歯

自分に合う入れ歯

合わない入れ歯をしていると不快なだけではなく、痛みが出たり顎が外れやすくなったりします。

 

入れ歯はこういうものだから仕方がない、と我慢されている方も多いようですが、
きちんと設計され製作された入れ歯であれば痛みや外れる事などはなく、
歯の状態や顎の筋肉・関節、舌など口腔内全体を配慮してくれる病院がいいようです。

 

入れ歯の種類では、保険適用で安価に作れるレジン入れ歯というのがあります。
プラスチック製の入れ歯で歯茎に当たる部分(床)が厚いため、
違和感があり発音がしづらいなどのデメリットがあります。
壊れやすいですが修復が簡単というメリットもあります。

 

また、床がチタンでできている金属床入れ歯というものもあります。
チタンは生体親和性に優れた金属なので、金属アレルギーを起こすことはほとんどなく、
食べ物の熱を感じやすく、歯茎にもなじみやすいためフィットする可能性が高いようです。
軽くて丈夫ですし汚れにくいのもメリットです。

 

しかし、保険適用外で費用は約15〜50万円が相場です。
金属床入れ歯は値段が高く、修理が難しく、
修理をするたびに金属の部分が厚くなってしまうなどメリットがなくなってしまう場合があるので、
まずは保険が適用される入れ歯を使ってみて、合わないなど納得がいかない場合に、
金属の入れ歯にするのもいいと思います。

 

他には、残っている歯と入れ歯に磁石を埋め込み磁力で固定する
マグネットデンチャーというものがあります。
従来の部分入れ歯で使われる金属ばねがなく、歯や歯茎への負担もなく見た目がきれいです。
しかし、歯根が残っている場合しか適用できず、保険適用外なので治療費が高額になります。

 

こちらの歯医者さんがおすすめですよ。http://www.sa-dental.tokyo.jp/