歯がなくなった時の治療方法

歯がなくなった時の治療方法

歯がない状態が長ければ長いほど、その歯並びへの悪影響は大きく、
どんな治療法にしても、まず、噛みあわせの改善から行うことになります。

 

噛みあわせの改善抜きに、失った部分だけにどんないいものを入れても
またすぐに壊れてしまう可能性が高いためです。

 

ちゃんと噛める・見た目もいいという状態からの治療の開始となります。
これを怠ると、同じ症状になるということになります。

 

歯を失った患者には、「インプラント治療」が勧められています。

 

健康な歯を大きく削り、神経を抜き治療をする「ブリッジ」や、
歯を支える骨をどんどん溶かしていく「入れ歯治療」は避けられています。

 

噛みあわせの悪さを正常な位置に戻しながら、同時に「インプラント治療」が行われています。

 

また、通常のブリッジ治療よりもはるかに削る量を少なくし、
かつ、神経を抜かなくてもいい「接着ブリッジ」という治療も行われています。
もうこれ以上歯を抜きたくない・削りたくない患者に「接着ブリッジ」が勧められています。

 

削る量が少なければ、将来抜かずに治療ができ、抜歯になる時期を大幅に遅らせる事ができ、
よく噛めて元気に生活することができます。

 

削る量が少ないということは、歯の寿命を大きく伸ばすことができます。

 

また、歯の神経を残すことができますので、患者に非常に大きなメリットがある治療法です。

 

「インプラント治療」に恐怖心があり、コスト的に合わない場合は「接着ブリッジ」が勧められています。

 

歯は、一度削ってしまうと元には戻りません。ですので、最初の治療が一番肝心になります。
心配事は大島で評判の歯科などに相談してみましょう。