歯が無くなって治療しないとどうなるのか?

歯が無くなって治療しないとどうなるのか?

例えばあなたが歯を1本無くしてしまったとしましょう。
まだ歯は残りたくさんあるわけです。
前歯が1本という場合だと目立ってしまいますが、
奥歯など目立たない歯だった場合は、
見た目的にはそれほど問題がありません。
では歯の治療にはお金も時間もかかってしまうし、
目立たないから治療をしないでおこうと選択したとすると、どうなるのでしょうか?

 

まず最初に知っておいて欲しい事は、
歯は一本を失ってしまった後は、そのままの状態をキープする事が出来ないという事です。
どうゆう事?と思われるかもしれません。
つまり歯がなくなると、両隣の歯が支えを失ってしまうので、無くなった歯の方へズレてしまいます。
その結果噛み合わせが悪くなり、噛み合わせが原因で健康を損なう可能性があります。

 

また隙間が出来る事で、磨き残しが出やすくなります。
磨き残しがプラークとなり、虫歯や歯周病の原因になる事も少なくありません。
たった1本の歯を無くすぐらい、大した事はないと放置する人もいるかもしれません。
しかし、その放置するという選択肢を選んでしまったために、他の歯にまで影響を及ぼします。
将来的に無くす歯は、1本では済まなくなってしまうでしょう。
なので「1本ぐらい無くても食事に困らないし、大丈夫だろう」と考えず、
必ず治療を行うようにして下さい。
そして1本歯を無くした場合に、
どのような治療を行うのかいくつかの選択肢があります。
メリットとデメリットを把握した上で、
担当の歯科医と相談し、自分にとって最適だと思う治療法を選ぶようにして下さい。

 

板橋区役所前ゆい矯正歯科の詳細情報